gerenのいいことから始まるブログ

水素水で活性酸素を水に変えて無害化することで病気や老化予防になります

2015-01-20 05:20:14いいこと探し

活性酸素には、善玉と悪玉があります。

善玉は、体内に入った異物や毒を除去するために働く免疫機能である白血球が活性酸素を使ってウィルスやバクテリアなどを除去する時に使います。

がん細胞を攻撃するNK細胞なども、活性酸素を使います。

悪玉は、細胞やミトコンドリアを酸化や老化させますし、しみやしわや肌荒れや白髪や疲労や筋肉疲労などから、心筋梗塞や動脈硬化や糖尿病や白内障やアルツハイマー症など、老化や加齢に伴う病気の原因だと考えられています。

水素は還元力が弱いため、善玉に反応せず酸化力の強い悪玉だけに反応して水になる働きがあります。

また、水素には優れた拡散性があり水や油にも溶ける性質があります。

人間の身体の細胞は、水と油の膜で防御してDNAなどを守っていますが、水素であれば細胞内に浸透して悪玉活性酸素を排除できます。

薬は血液を使って成分を運んで効果を発揮しますが、血管から離れたところに原因がある場合は、薬の効果を発揮するのは難しい状態です。

しかし、水素は細胞に浸透することができますので、血管に関係なく効果を発揮します。

そのため、異物の侵入を防ぐガード機能を持つ脳や血管から離れた場所にある卵子などに薬の効果を届けることが難しい場所にも、水素の抗酸化効果は届きます。

このことから、活性酸素が原因の脳や卵子の病気にも対応できます。

水素水は水素を豊富に含んだ水で、様々な病気予防や治療効果が期待されています。

水素水で活性酸素を水に変えて無害化することで、水素が身体の中の活性酸素と結びついて水になり、体外に排出できるようになります。

そのため、活性酸素が引き起こす生活習慣病やガンなどの病気予防や治療効果が期待されています。

また、活性酸素を減少するため老化や病気予防だけでなく、肌細胞の酸化を予防することで肌の劣化と老化を防ぎます。

そのため、美肌効果やアンチエイジング効果も期待されていて、美容商品にも水素水が取り入れられてます。

ホットヨガは大阪でも人気

2015-01-18 22:12:03いいこと探し

室温38度前後、湿度65%前後と、高い室温と湿度の中で行うヨガが、ホットヨガです。

室温と湿度が高い中で行う事で、普通にヨガを行う以上に、女性に嬉しい様々な効果がある事で、大阪でも高い注目を集めています。

ヨガといえば、難しいポーズをするイメージが強く、体が硬いとできないというイメージを持つ人も少なくないでしょう。

ですが、室温と湿度が高い状態というのは、それだけで筋肉が温まった状態となります。

その為、筋肉を傷める可能性を減らす事が出来るだけでなく、通常のポーズでも、大量の汗をかく事になります。

大量の汗をかくと、汗と同時に体に溜まった老廃物の排出可能で、それにより、高いデトックス効果を得る事が出来ます。

それにより、美肌効果だけでなく、健康促進にも繋がります。

更に、温かい状態で体を動かす事で、基礎代謝を上げていく事が出来ます。

今まで、ウォーキング等の有酸素運動を頑張っても、痩せなかったという経験をした事がある人は少なくないでしょう。

その場合、基礎代謝が低く、脂肪を効率的に燃やす事ができなかった可能性があります。

ホットヨガで、基礎代謝を上げると、ウォーキング等の有酸素運動を行った際に、効率的に脂肪を燃やしやすい状態を作る事が出来ます。

それにより、効果的なダイエットをしやすくなります。

そんなホットヨガは、室温や湿度の関係で、自宅では難しく、スタジオに通って行う事になります。

現在、大阪ホットヨガスタジオは増えてきています。

実際に、大阪でホットヨガのスタジオに通いたいと考えた場合、通いやすさを重視する事がお勧めです。

ホットヨガは、レッスン中に大量の汗をかく為、着替えとタオルが欠かせません。

その為、帰りには、荷物が重くなる事も珍しくありません。

ですから、レッスン後はすぐに帰る事が出来るような便利な場所を意識して、スタジオ選びをしておく事がお勧めです。

興味を持ったら、まずは体験レッスンから始め、その雰囲気を掴んでみると良いでしょう。