gerenのいいことから始まるブログ

買取専門店と業者オークションはどちらがベターか

2015-04-12 21:34:06いいこと探し

車を売る方法の1つに、業者オークションがあります。

それは業者用の競売システムになりますので、一般個人の方は会場に入る事はできません。

代行会社を通じて出品する事になります。

ところでオークションの他に、もちろん買取店でも車を売る事は可能です。

では買取店と業者オークションのどちらの方が良いかと言われれば、金額重視ならばオークションの方が良いですね。

手数料の問題などがあり、一般的にはその競売システムの方が高く売れる傾向があるからです。

ただしその競売システムには、デメリットがあるのも事実です。

その1つは、車がしばらく使えなくなってしまう点です。

代行会社を通じて競売システムで出品するとなると、一旦は車を会場に搬入しなければなりません。

ですので代行会社に車を預けるのが一般的です。

そして車が出品されている間は、もちろん車が売却希望者としてはしばらく移動手段が無くなってしまいます。

レンタカーなどを用いないと、移動ができなくなってしまうのですね。

ところが買い取り専門店の場合は、その移動手段を確保してくれている事が多いです。

特に大手の業者などは、代車と呼ばれるサービスを提供している事が多いですね。

いわゆる無料レンタカーです。

ですので車の売却の場合は、上記の競売システムのように移動手段に困る事は少ないかと考えられるでしょう。

それと競売システムのもう1つのデメリットですが、たまに流れてしまう事があるのです。

競売システムを用いて出品するとなると、車の売り手としては「落札希望額」というものを設定する事になります。

その希望額に届けば良いですが、届かない事もあるのですね。

その時には、入札が流れてしまいます。

ちなみに競売システムに出品する時には、手数料もかかります。

ところが車の買い取り店の場合は、「売りたい」と言えばたいてい買い取ってくれます。

上記の競売システムのように、手数料もありません。

流れるリスクが無いのですね。

ですので移動手段と流札リスクという2つの意味では、買い取り店の方が競売システムよりはメリットが大きいでしょう。