gerenのいいことから始まるブログ

知らないうちに悪化するお尻のニキビと黒ずみ

2015-09-24 22:42:07いいこと探し

体の中でも後ろ側になるお尻は、普段ほとんど鏡で見る事も無い場所になりますよね。

それだけに、お尻に何か大きな異変が起きていても、気がつかない事も多いかもしれません。

もしかしたら一年に1度位、レジャー等で水着を着る機会になって鏡を見た時に「あれ?こんな場所に黒ずみがあったっけ…」と思う程度と言う事も…。

お尻の黒ずみは、普段同じ姿勢でずっと座っていたり、寝る時も同じ体制をキープしている事で、知らず知らずのうちに皮膚表面の角質が、床擦れを起こしてしまい、堅くなった部分が色素沈着を起こす事で、黒ずみに発展してしまうそうです。

他にも虫刺さされの後を強く引っ掻いたり、お尻にできたニキビの正しいケア方法を知らないうちに、座った時のお尻の圧力で潰してしまった事でも発生してしまうと言いますから、本当に怖いです。

黒ずみは、普段着用している下着の摩擦が原因でも起こり易いです。

例えば、お尻と太ももの付け根や、股の付け根が黒くなってしまうこともあります。

どちらも擦れやすく、ケアが非常に難しい場所なので普段から気を付けてチェックしなければいけない場所になります。

では、知らないうちに、お尻にニキビや黒ずみができてしまうのは、いったいどうやって防いだらいいんでしょうか?やはり、裸になるチャンスがお尻の変化に気が付く時になると思いますので、お風呂に入る前や、着替える時にマメにお尻を触ってみて、ザラザラした感触は無いか、ニキビの様な突起は無いかセルフチェックを行うのが良いかもしれません。

既にできてしまったニキビや黒ずみにはどの様なケアを行えばいいのでしょうか。

お尻の黒ずみには、角質が分厚くなっている場所がありますので、堅くなった角質の溜まった部分を綺麗に落とす必要があります。

しかし、強く擦ったりしては、余計に黒ずみを悪化させてしまいます。

黒ずみに関しては、お尻専用のケアクリームや角質を無理なく落とす成分が配合されたものが沢山出ていますので、そういった専用のクリームや道具等を使って、お風呂場等で体を綺麗に洗った後に優しくケアしたり、エステサロン等で定期的にボディメンテナンスを行う事が、お尻のトラブルに無縁な美しい美尻を保つコツと言えるでしょう。

瀬底島は夏の長期休暇にぴったりな島です

2015-09-11 12:23:33いいこと探し

沖縄本島に行っただけでも十分にリゾート気分が味わえますが、沖縄県の瀬底島はもっとリゾート気分が味わえます。

どんなところなのか紹介していきましょう。

瀬底島の地理

瀬底島は、沖縄県本島に近い離島です。

大きな橋が本島からかかっているため、本島から車で島に行く事ができます。

沖縄本島からならば、日帰りができる気軽な離島として人気のスポットのようです。

本島をつなぐ橋は大きく、青い空と青い海の中を一直線に泳いでいます。

その景観が美しいため、瀬底島を紹介する写真にはよく橋が写っています。

瀬底島の口コミとは?

瀬底島の口コミは、海がきれいというものが多いです。

さほどビーチは混んでいないという口コミもあります。

きれいな海で魚もいるため、まさにリゾート地という感じです。

ただし、島には住民がいます。

そのため、住民専用の道があったりと島の暮らしを守る努力もしているようです。

どこの観光地にも言えますが、そこに住んでいる人の暮らしを邪魔しないで、マナーを守って遊ぶのが大事です。

歴史

 瀬底島の歴史は古いです。

先史時代から貝塚があったりと、人が住んでいた形跡があります。

また、色づけされた陶磁器が発見されたりと文明があったような形跡まであります。

しかし、まだ集落としての形跡はありません。

瀬底島に集落ができるのは、1400年代です。

この頃になると、村ができて住民が現れるようになります。

明治時代になると、瀬底島にも文明の波が押し寄せてきます。

小学校が始めてできました。

しかし、最近になって本島の学校に吸収されるようになり、閉校となりました。

そして島には井戸がなかったので雨を貯水していましたが、しばしば水不足になる事もありました。

そこで、昭和に入ると地下水を組み上げるようになりました。

海がとてもきれい

瀬底島の海はとてもきれいです。

エメラルドグリーンが美しく、ビーチの砂はサラサラのパウダーです。

これぞリゾート地というように、どこを写真にとっても良いアングルです。

そんな海では泳ぐのはもちろんの事、バナナボートやシュノーケリングなどの瀬底島マリンスポーツもおすすめです。

海をとことん味わう事ができます。

宿泊もあり、観光地化しています。

瀬底島では、宿泊ができる施設があります。

リゾートっぽいきれいなホテルもあるので、まるで外国の海にいるようや錯覚になります。

また、レストランやカフェもあって食べる物には困りません。

観光地化しているため、過ごしやすい島です。