gerenのいいことから始まるブログ

知らないうちに悪化するお尻のニキビと黒ずみ

2015-09-24 22:42:07いいこと探し

体の中でも後ろ側になるお尻は、普段ほとんど鏡で見る事も無い場所になりますよね。

それだけに、お尻に何か大きな異変が起きていても、気がつかない事も多いかもしれません。

もしかしたら一年に1度位、レジャー等で水着を着る機会になって鏡を見た時に「あれ?こんな場所に黒ずみがあったっけ…」と思う程度と言う事も…。

お尻の黒ずみは、普段同じ姿勢でずっと座っていたり、寝る時も同じ体制をキープしている事で、知らず知らずのうちに皮膚表面の角質が、床擦れを起こしてしまい、堅くなった部分が色素沈着を起こす事で、黒ずみに発展してしまうそうです。

他にも虫刺さされの後を強く引っ掻いたり、お尻にできたニキビの正しいケア方法を知らないうちに、座った時のお尻の圧力で潰してしまった事でも発生してしまうと言いますから、本当に怖いです。

黒ずみは、普段着用している下着の摩擦が原因でも起こり易いです。

例えば、お尻と太ももの付け根や、股の付け根が黒くなってしまうこともあります。

どちらも擦れやすく、ケアが非常に難しい場所なので普段から気を付けてチェックしなければいけない場所になります。

では、知らないうちに、お尻にニキビや黒ずみができてしまうのは、いったいどうやって防いだらいいんでしょうか?やはり、裸になるチャンスがお尻の変化に気が付く時になると思いますので、お風呂に入る前や、着替える時にマメにお尻を触ってみて、ザラザラした感触は無いか、ニキビの様な突起は無いかセルフチェックを行うのが良いかもしれません。

既にできてしまったニキビや黒ずみにはどの様なケアを行えばいいのでしょうか。

お尻の黒ずみには、角質が分厚くなっている場所がありますので、堅くなった角質の溜まった部分を綺麗に落とす必要があります。

しかし、強く擦ったりしては、余計に黒ずみを悪化させてしまいます。

黒ずみに関しては、お尻専用のケアクリームや角質を無理なく落とす成分が配合されたものが沢山出ていますので、そういった専用のクリームや道具等を使って、お風呂場等で体を綺麗に洗った後に優しくケアしたり、エステサロン等で定期的にボディメンテナンスを行う事が、お尻のトラブルに無縁な美しい美尻を保つコツと言えるでしょう。

Comment Closed